お知らせINFORMATION

コロナの感染状況(日本・ベトナム等、アジアと欧米の比較)

2021年8月6日5:26 PM [お知らせ]

 

コロナ感染状況

2020年から2021年8月現在、世界的にコロナ感染が続いています。

OKS実習生の母国のアジアの国々も例外でありません。

各国の人口、感染者数、感染率、死亡者数、死亡者率等をまとめました。

重要な視点をアップいたします。  (以下、数字は概算です。)

【1】日本のコロナ感染率は、0.77%。つまり人口あたり130人に一人が感染し、感染後の死亡率は、1.56%。 64人に一人が死亡します。

【2】2021年7、8月、急激に増えてきたベトナムですが、コロナ感染率は、0.18%。つまり、人口あたり539人に一人が感染し、感染後の死亡率は、1.27%。 78人に一人が死亡します。

【3】アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリヤ等の欧米の感染率の平均は、8.13%。感染後の死亡率の平均は、2.21%  

【4】日本、ベトナム、モンゴル、インドネシア、フィリピン、タイ、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ等のいわゆるアジアの感染率の平均は、1.28%。感染後の死亡率の平均は、1.74%

総じてまとめると

  ■100人に一人が感染して、感染したら50人に一人死亡する。 コロナは恐い病気です。

  ■欧米は、アジアよりも約10倍、感染する。

  ■感染すると、欧米、アジアも同じく約50人に一人は死亡する。

最近のコロナ慣れに危惧します。 くれぐれもコロナ感染には気をつけましょう。

CONTACT

お問い合わせ

外国人技能実習生共同受入事業など、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップ